法事の豆知識Bean knowledge of the Buddhist memorial service.

HOME > 法事の豆知識

法事の豆知識

法事の豆知識


ご葬儀後7回目の法要を行う四十九日は【満中陰】といい、この日の裁きで冥土での死者の運命が決まる大切な日です。そのため、この法要はとくに重要とされ、遺族、近親者、友人、知人などを招いて「忌明け」の法要を行います。
[忌明けの法要の準備]
忌明け法要は日時・場所の決定から、ご案内、会食の手配など、様々な準備が必要です。

01 日時・場所の決定
四十九日が平日の場合は、出席者に配慮し、四十九日より前の土日などの休日を選びます。まず、寺院に相談して日時を決め、法要の場所と会食会場を確認します。法要は菩提寺や斎場、自宅などで行う場合が一般的です。また寺院の会食への出席についても確認しましょう。
02 法要にお招きする方
基本的には「初七日法要」に参加された方をお招きします。
そのほか、近親者、友人、知人など故人と縁の深い方へご案内します。
なるべく早めにお電話やハガキでご案内しましょう。
03 本位牌の準備
03 本位牌の準備
白木のお位牌は法要後に菩提寺におさめますので、法要までには必ず本位牌を準備しましょう。
本位牌は僧侶に入魂供養をしていただき、仏壇に納めます。
04 お布施の用意
04 お布施の用意
僧侶にお渡しするお布施を用意します。
また、僧侶が会食を辞退された場合は「お膳料」や、交通費として「お車代」を準備します。(不祝儀袋ではなく白封筒を使用)
引物の用意
05 引物の用意
出席者へのお礼の品として1家族1セット、お寺様の分も含めて「引物」を用意します。
会食の手配
06 会食の手配
法要が終わると「お斎(おとき)」と呼ばれる会食の席を設け、料理やお酒で出席者をおもてなしします。
07 お仏壇の準備
白木の中陰台は忌明け法要後に片付けます。現在、お仏壇がない場合は忌明け法要までにお仏壇を用意し、忌明け法要と同じ日か、七日ごとの法要に合わせて開眼供養(仏壇開き)を行います。
08 法要当日の流れ
法要の手順は宗派によって異なります。

仏式の場合(一例)
①開会のあいさつ
②ろうそく。線香に点火
③読経
④焼香
⑤法話
⑥閉会のあいさつ
⑦会食(献盃)
※会食の前に「墓参り」を行う場合もあります。

⑧お開きのあいさつ
法要の際の服装
09 法要の際の服装
三回忌までは施主側は喪服を着用します。
三回忌以降はグレーや紺などの色調の平服が一般的です。
お招きする方には案内状に「平服でお越しください」と添えましょう。
10 法事の際のお供え
法事に招かれた際のお供えの表書きは・御仏前・御香料・御供物料などとします。

※一周忌、三回忌も同様な手順で進みます。法要、位牌、仏壇についてのご相談は、平安閣外商部までお気軽にお問い合わせ下さい。
平安閣外商部 電話(052)912-4400 (9:00~19:00)

  • Q&A
  • 法事の豆知識
  • お問い合わせ
  • ありがとうを贈ろう
  • 平安会館
  • 平安ふれあい会館
  • 大興企画

[営業エリア]
愛知県・三重県・岐阜県・静岡県を中心に対応しております。他地域もご相談ください。

  • 平安閣グループ