納骨堂・永代供養についてAbout ossuary.

HOME納骨堂・永代供養について > 納骨堂の種類

納骨堂の種類

運営によるタイプ分け

公営

自治体の霊園に併設されている場合が多く、料金も格安です。非常に人気が高く、抽選になることもあります。

公営


民営

供養や維持管理などの運営については寺院が行います。
広告や販売面などは民間の会社が行っている場合があります。

民営


寺院

寺院内に納骨堂があります。
供養から維持管理すべてを寺院側が行います。
宗旨・宗派不問のところが多く、檀家になる必要の無い場合がほとんどですが
供養の方法については、その寺院の宗派の儀式に則って行われることが多いです。

寺院

供養の方法によるタイプ分け

Aタイプ期間を空けずに、すぐ合祀するタイプ

[メリット] 一旦、合祀墓へ入れてしまえば供養の心配がない
[デメリット] 基本的には無縁仏が対象の供養方法なため、故人様との『絆』を感じにくい

Aタイプ 期間を開けずに、すぐ合祀するタイプ


Bタイプ期限を決めて納骨堂に安置し供養を行い、期限が過ぎれば合祀墓に移すタイプ

[メリット] 期限内は読経などをお願い出来る事が多い。個別のスペースが確保されている
[デメリット] お骨一体につき幾らという費用設定が多く、意外と経済的な負担がかかる

Bタイプ 期限を決めて納骨堂に安置し供養を行い、期限が過ぎれば合祀墓に移すタイプ


Cタイプ期限を決めて墓地の使用権を取得し、期限が過ぎれば合祀墓に移すタイプ

[メリット] 自分たちの墓石が建立でき、戸外の自然の中で季節を感じながら供養ができる。期限が過ぎた後は合祀墓に移して永代供養をしてくれる
[デメリット] 納骨出来る人数が決まっている事が多い

Cタイプ 期限を決めて墓地の使用権を取得し、期限が過ぎれば合祀墓に移すタイプ

※納骨堂を探すページで各タイプが分かるようになっています
■納骨堂を探すはこちら

まとめ
納骨堂を検討される場合は、個々に条件が違いますので後々のトラブルを避ける為にも、契約内容の事前確認をお勧めいたします。

  • Q&A
  • 法事の豆知識
  • お問い合わせ
  • ありがとうを贈ろう
  • 平安会館
  • 平安ふれあい会館
  • 大興企画

[営業エリア]
愛知県・三重県・岐阜県・静岡県を中心に対応しております。他地域もご相談ください。

  • 平安閣グループ