HOME > 納骨堂・永代供養

納骨堂・永代供養について

納骨堂・永代供養とは

納骨堂を知る

納骨堂には大まかに分けて2種類あります。

  • ①墓地に埋葬するまで一時的に遺骨を収蔵するための施設
  • ②墓地への埋葬を想定せず期間を決めて遺骨の保管と供養を兼ねている施設
永代供養という言葉が良く使われますが、実際は一定の年数の間、保管と供養をお願いする契約となり期間が過ぎれば寺院等が用意している合祀施設に埋葬される事となります。

供養の一例

・毎年の春彼岸、お盆、秋彼岸などに合同供養を行う
・毎年命日に供養を行う
・年忌法要の際に供養を行う

「華石」では納骨堂のシステムを良く理解した上で利用されることをお勧めしています。

上へ戻る