HOME > 墓石 > 戒名彫りとは

戒名彫りとは

戒名とは

戒名は仏の弟子である事をあらわす、とても大切なお名前です。本来は生前中に戴くものでしたが、現在は、ご葬儀を通じて故人が仏の世界に旅立つ時に授けられる事が多くなっています。
(戒律を守る名前として戒名と呼びます。浄土真宗は戒律がないため法名と呼び、日蓮宗系は法号と呼ばれる事があるようです。)

戒名彫りとは

戒名は墓石に刻むことで後世へと受け継がれていきます。 戒名は墓石に刻むことで後世へと受け継がれていきます。

故人の大切な戒名は、墓石や墓誌に刻まれる事によって、後世へと受け継がれていきます。 お墓参りの時、刻まれたお名前を見て、故人を偲ぶ事が御供養になります。

彫刻する内容

基本は既に彫られている内容に合わせます。戒名や俗名・命日・没年齢が彫られている場合が多いようです。

1.戒名
お位牌の文字には旧字(外字)が書かれている事があります。なるべくそのまま彫刻し正確に伝えることが大切です。
2.故人のお名前(俗名)
故人の生前のお名前です。
3.没年月日(命日)
お亡くなりになった年月日です。
4.年齢(行年・享年・寿算など)
お亡くなりになった時の年齢です。
満年齢と数え歳のどちらかに決まりはありませんが、お位牌に書かれている年齢を彫刻することが一般的です。

彫刻する内容

彫刻時期

特に決まりはありませんが、納骨前やご葬儀後の四十九日、お彼岸・お正月など皆様がお墓参りをする前に彫刻されると良いと思います。(現地確認から完成まで約4週間かかりますので、お早めにお問い合わせ下さい。)

満年齢・数え歳計算表

満年齢・数え歳を算出する計算表をご用意いたしました。ご利用ください。 ※一般的に数え歳を行年とすることが多いようです。

生年月日
没年月日
満年齢    |  数え歳

当社の強み

な、無い?

こんな状態のお墓を
ご覧になったことはありませんか?

工場へ持ち帰って彫刻するために石塔をはずしてある状態です。
この間はお参りが出来ません。

「華石」なら現地で彫刻します。

文字抜き作業 文字抜き作業

文字彫刻作業 文字彫刻作業

当社は、年間700件の実績と信頼で、
「文字がバラバラ」「既存の書体と合っていない」「文字彫りが浅い」
などの問題がおこらないよう彫刻をさせていただきます。

戒名彫りの流れ

戒名彫りの流れ

01 お問い合わせ・受け付け

お客様から、お墓の場所や納骨日、彫刻完成希望日をお聞きし、 彫刻のスケジュールを打ち合わせします。

お問い合わせイメージ

矢印

02 現地確認

現地確認の時に、既に彫刻してある戒名の配列や文字を確認し、大切なお墓を傷つけないように戒名を丁寧に写しとります。

墓地・墓石のご見学イメージ

矢印

03 ご提案

お墓を確認後、彫刻位置や戒名等の文字を打ち合せし、彫刻する内容を明記した原稿を郵送させていただきます。
矢印

04 彫刻準備

お客様に確認をいただきました原稿を基にゴム版を作成します。
(既存彫刻の書体や大きさに合わせて職人が丁寧に作成いたします)
矢印

05 現地彫刻

現地にて再度お墓の寸法を測り配列(文字間隔)を確認します。お墓にゴム版を貼り、周囲を汚さないように養生し、ゴム版の文字抜きをします。既存彫刻に合わせ、彫刻の深さ角度を調整しながら慎重に文字を彫刻していきます。彫刻完了後は、丁寧にお墓を水拭きします。 現地彫刻 現地彫刻
矢印

06 完成報告

完成報告として、彫刻後の状態が分かる写真(ビフォア・アフター)を郵送させていただきます。
上へ戻る